OAuth2.0 Web Application Flowの実装

はじめに

はじめまして。infoScoop OpenSource開発のお手伝いをさせていただいておりますDiceK Mikamiと申します。
開発者ブログでは、ウェブ/ローカル問わず簡単な技術Tipsなどに関して投稿させていただこうかと考えております。
とは言いましても、私自身まだまだ若輩ゆえ誤り等々があるかと思いますので、
その際には皆様からの生暖かいご指摘/アドバイスなどいただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

OAuth2.0認証

OAuth2.0は、OAuth1.0Aにて不便と思われていたいくつかの仕様(例えば、署名など)を改善し、
より簡単にサービス間の連携を行うための認証機構です。
OAuth2.0による認証はGoogleやFacebookをはじめ、いくつかのサービスですでに提供されるようになりましたが、
仕様自体はまだドラフトの段階であり、未だ策定作業が続いていると言うのが現状です。

The OAuth 2.0 Authorization Protocol draft-ietf-oauth-v2-23

ですので、現状でサーバーサイドにてOAuth2.0実装を行う場合、
策定されているドラフトを元にするか、あるいは他のサービスとの連携をふまえて実装する必要性があります。
今回は実際にinfoScoop OpenSource V3.0にて実装したコードをパクって経験を活かして、
サーバーサイドでOAuth2.0認証をしてみることにします。

——————————————————————–

本ブログは移転しました。記事の全文はこちら↓↓↓
http://www.infoscoop.org/blogjp/2012/01/23/oauth2-0-web-application-flowの実装/

——————————————————————–

About DiceK Mikami
infoScoop OpenSource developer. I played Java and Objective-C, etc. But, please pardon only JavaScript.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中