GoogleドキュメントのAPIによる共有権限設定

Googleドキュメントの各コレクションやドキュメントに対する共有権限をAPIで設定する際にサンプルやヘルプでは不明な点があったので実際に試してみました。

ドメインの全ユーザーが閲覧可能にする

対象をドメインの全ユーザーが閲覧可能にするにはコードは以下の様になります。

DocsService service = new DocsService("Docs List API Sample");
String username = "admin@example.com";
String password = "xxxxx";

//ACL設定対象のリソースID
String resourceId = "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx";

service.setUserCredentials(username, password);
String url = "https://docs.google.com/feeds/default/private/full/" + resourceId + "/acl;
AclEntry entry = new AclEntry();
entry.setRole(new AclRole("reader"));
entry.setScope(new AclScope(AclScope.Type.DOMAIN, "example.com"));
service.insert(new URL(url), entry);

上記例ではドメイン「example.com」の全ユーザーがresourceIdで指定されたドキュメントへの閲覧権限が与えられる事になります。

——————————————————————–

本ブログは移転しました。記事の全文はこちら↓↓↓
http://www.infoscoop.org/blogjp/2012/03/13/googleドキュメントのapiによる共有権限設定/

——————————————————————–

About Shoji Nakata
infoScoop for Google Appsの開発プロジェクトリーダーやってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中