Puppetのマニフェストで日付けを扱う方法

今回は、Puppetを利用してシステム管理行うときに、日付けの文字列を扱う方法について書きます。
Puppetのインストール手順とpuppetrunの実行についてはこちらをご覧ください。
上記で動作を確認した puppetrun を使います。

目標

マニフェストを実行して以下を行います。
1. 子サーバーの /root/work/test に名前に日付けを含むディレクトリ test_dir20120620 を作成する。
2. 1のディレクトリに親サーバーから取得したファイル test_file を保存する。

子サーバーの階層構造は以下のように変化します。

——————————————————————–

本ブログは移転しました。記事の全文はこちら↓↓↓
http://www.infoscoop.org/blogjp/2012/06/20/puppet-use-date-string/

——————————————————————–

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中