rbenv で JRuby をインストール

Rubyのようなバージョン間に互換性があまりない言語を利用するとなると簡単にバージョンを切り替えられる環境が欲しくなります。
RubyではRVMというバージョン切り替えシステムが導入できますが、最近の流行りはどうやらrbenvというもののようです。

rbenvとは
37signalsのsstephensonさんが作成したバージョン管理ツールです。
RVMよりも軽量で、gemの管理とかは一切してくれません。
が、それがいいという方々に大人気?のツールです。

 
今回は、このrbenvを利用して、JRubyをインストールしてみます。
ついでに、gemの管理を行ってくれるrbenv-gemsetもインストールしてみます。
 
 

——————————————————————–

本ブログは移転しました。記事の全文はこちら↓↓↓
http://www.infoscoop.org/blogjp/2012/11/24/rbenv-jruby/

——————————————————————–

About DiceK Mikami
infoScoop OpenSource developer. I played Java and Objective-C, etc. But, please pardon only JavaScript.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中