jQuery MobileでマークアップHTMLを動的に作成するときに使うメソッドまとめ

普通jQuery Mobileを利用するときは、枠はhtmlで書きます。
例:JQueryのlistviewの使い方

<ul data-role="listview">
 <li><a href="acura.html">Acura</a></li>
 <li><a href="audi.html">Audi</a></li>
 <li><a href="bmw.html">BMW</a></li>
</ul>

なかなか必要に迫られないかもしれないけど、上記のコードをjavascriptで動的に作成したいときは以下のようにします。

——————————————————————–

本ブログは移転しました。記事の全文はこちら↓↓↓
http://www.infoscoop.org/blogjp/2013/02/12/jquery-mobileでマークアップhtmlを動的に作成するときに使う/

——————————————————————–

About cmutoh
infoScoop開発者。主にinfoScoop for Google Appsの開発をしています。

2 Responses to jQuery MobileでマークアップHTMLを動的に作成するときに使うメソッドまとめ

  1. 情報をまとめていただいて助かります。ただ、私の環境(JQM v1.2.1)では、listviewを”refresh”の引数付で呼び出すとエラーになります。引数無しなら、エラーを回避され表示も改善します。しかし、同一ページを再度表示させるとrefreshの効果が無くなります。
    結局、次の様に書けば、何度でもJQM Widgetsで表示される様になりました。ご参考まで
    $(”).listview().listview(‘refresh’);

    • cmutoh より:

      お読みいただきありがとうございます。お役に立てて良かったです。少し前の事でうろ覚えですが、私もこのへんは色々とうまくいかないことがあり試行錯誤をした覚えがあります。何かの時には参考にさせていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中