使用頻度の高そうなMarkdownの記法

Markdownの記法についてよく使いそうなものをリストしました。(GitHubのWikiで表示確認しました。)

ヘディング

「#」の数 = レベル。GitHubではHTMLのヘディングタグと同様にレベル6まで表示された。

# 見出し(レベル1)

見出し(レベル1)

## 見出し(レベル2)

見出し(レベル2)

### 見出し(レベル3)

見出し(レベル3)

——————————————————————–

本ブログは移転しました。記事の全文はこちら↓↓↓
http://www.infoscoop.org/blogjp/2014/04/08/使用頻度の高そうなmarkdownの記法/

——————————————————————–

2 Responses to 使用頻度の高そうなMarkdownの記法

  1. Takuya Yasuhara より:

    iOS用の日記アプリにDayOneというのがあります。
    インターフェースがよく、デバイスを選ばず使えるのが気に入っています。
    もう一つ気にってるのが、今回のMarkdownの記法です。
    ちょっとしたテーブルも表記できてとても便利ですね。
    DayOneのMarkdown参照のURLは下記のとおりです。

    https://dayone.zendesk.com/hc/en-us/articles/200265094-Markdown-Guide

    • ishizuka78 より:

      こんなアプリがもう20年早くあれば夏休みの宿題は苦労せずに済んだかもしれません。
      自分は文章を書くのが苦手なのですが、Markdownだと自然と見やすい文章が書けるような気がしました。
      (まさかこんな簡単にテーブル表記できるとは…)

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中